みっちゃんの極意

みっちゃんの極意

昭和二十五年創業。元祖 広島流お好み焼には、井畝満夫のこだわりがつまっています。 昭和二十五年創業。元祖 広島流お好み焼には、井畝満夫のこだわりがつまっています。

“みっちゃん”こと井畝満夫がこだわるのは「毎日でも食べられる、あっさりと飽きのこないお好み焼」。
昔からのスタイルを変えずに、今も元祖 広島流のお好み焼の味を守り続けています。

複数人で分担して焼くことで、
その日の味を均一に

みっちゃん総本店では、その日に焼くお好み焼の味を均一にするために、複数人で、伸ばし・盛り、焼き、仕上げの3つのポジションを分担して焼き上げます。1枚を一人で焼いてしまうと、焼き手によって味が変わってしまいます。お客様全員に同じ美味しさをご提供したいという井畝満夫の方針で、たとえ1枚しか焼かない時でも、複数人で焼いています。

毎日キャベツの切り方を
変えています

キャベツは季節やその日の状態によって、また部位によっても切り方を変えています。1枚の葉も芯の固い部分は細く、柔らかい部分は太めにすることで食感にバラツキがでないようにしています。
キャベツの使用量はGWなどの連休中には八丁堀本店だけでも約1t!
お好み焼の生地をフタ代わりにして、キャベツを蒸し焼き状態にすることで、ふっくらとした旨味を引き出しています。

生地はあえてシンプルに

キャベツの美味しさを引き出すには、生地の味が主張しすぎてもダメ。
小麦粉と水だけで、あえてシンプルに仕上げる。昔の味を偲んでの“みっちゃん”のこだわりです。
井畝満夫が考える「毎日でも食べられる飽きのこないお好み焼き」には、シンプルな生地がベストなのです。

生麺を使い
表面をパリッとした食感に

ふっくらだけどパリッとした焼き具合が絶妙のみっちゃんの中華麺。
みっちゃんでは寸胴で茹でた生麺を鉄板でパリッと焼き上げます。そばをバラさずに円形にまとめ、揚げるイメージで片面をカリッと焼くことで香ばしくパリパリの食感に仕上げます。
みっちゃんで使用しているのは、日本全国のお好み焼専用の麺を製造している「いその麺」。いその麺の生麺は小麦の香りとコシの強く、お好みソースとよく絡むように“かんすい”を抑えてあるのが特徴です。

美味しさの決め手はソースにあり!

お好みソースの発案から半世紀の時を経て完成した「みっちゃんオリジナルお好みソース」は、素材にこだわり抜いた贅沢バージョンのお好みソース。
井畝満夫曰く「お好み焼の美味しさの決めては、ソースにあり!」あっさりフルーティーなみっちゃん自慢のソースをご堪能ください。
※店内で販売しているお好みソースはお土産にも人気です!

技の伝承 技の伝承

広島のソウルフード「お好み焼き文化」を守るため井畝満夫の技は、多くの弟子たちに受け継がれています。

広島のソウルフード「お好み焼き文化」を守るため
井畝満夫の技は、
多くの弟子たちに受け継がれています。

多くのお好み焼職人を育てながら、広島のお好み焼文化を守り続けてきた井畝満夫。
井畝満夫が育てた多くの弟子たちは、みっちゃんの味をベースに、自分の個性を取り入れながら、
自分のお好み焼きを作り上げ、全国で活躍しています。

お好み焼の焼き手修行は、生地の“伸ばし”からスタートし、“焼き”や“仕上げ”を任せられ、そこそこ一人前になるまでに5年ほどかかります。
中でも一番難しいのは、鉄板の温度管理。下積み経験の中でこれを習得していきます。現在も、県内外から焼き手を目指す若者たちがやってきます。一人前になった職人たちが、全国で活躍し、広島のソウルフード「お好み焼」文化を守り続けてほしいと井畝満夫は願っています。

上川 学
みっちゃんの一番弟子として井畝満夫の技を若手に指導。

秀島 聡
– 雅そごう店 –

岡田 幸治
– 雅そごう店 –

浜田 博
– 八丁堀本店 –

秋田 章二
– じぞう通り店 –

佐藤 貴彦
– ゆめタウン廿日市店 –

廣本 真寛
– 広島新幹線名店街店 –

県外でもみっちゃん出身者が活躍しています。これからもみっちゃんから巣立ち
全国で多くの若者が広島のお好み焼文化を守ってくれることを期待しています。

お好み焼と鉄板焼 ええじゃろ

熊本市中央区南坪井5-4ドルハウスビル1F
TEL 096-322-7000

カープファンということもあって、熊本から広島に移り住み、みっちゃんで修行したのち、
平成24年に熊本に自分の店をオープンさせました。
広島の本場の味を熊本で広めています。